私は牧場に牧場視察に行きました。

 

海外農業研修

農場視察第四弾!!!

 

アメリカに来て20日

Google翻訳が翻訳くしそうなタイトルで書きたいと思います。

 

今回は「Livestock」グループで

「Rathbun Angus Ranch」へ行って来ました!

 

 

f:id:pantarima:20180412155714j:plain

無邪気で可愛い知識豊富なMr.Price


牧場概要

Rathbun Angus Ranch

http://www.rathbunangus.com

繁殖(breeding)

100 calves born in April

650 calves born in August-Septenber

 

肥育(fatting)

1200head

(500kgで導入→900kgまで肥育)

 

農地面積

12000erca

 

その他

  • 種付け(breeding)
  • 競りauction
  • 乾草(hay)の栽培

 ハイスペックな同期

f:id:pantarima:20180412155839j:plain

ABSの話で盛り上がる研修生と農場主

牧場の談話室に通してもらってすぐに、農場主と何か話している研修生。

何を話しているのかと覗いて見ると

 

「BULL BOOK」という、種牛?がズラーと掲載されている本を見ていました。

 

ABSとは (American Breed Service)

 

簡単に言えば、全米の中で成績がよい種牛を飼育し、採精し窒素で凍らせて、販売している会社がABSです。
ウィスコンシンに本社があります。

私は北海道の輸入代理店で働いていたのです。

 

と、かなりハイスペックな同期!!

 

今回、農場視察させてもらった「Rathbun Angus Runch」さんは

American Angus Association

に加入していて、高い品質の肉牛を生産している認定を受けていました。

 

 ハイテク

f:id:pantarima:20180412155850j:plain

農場のサイズをマップにて紹介

保健室?みたいな所に案内され、農場の大きさ、薬の説明などをして頂きました。

 

その話の中で

機械からの超音波で脂肪の多さ、肉質を検査している。

毛を採取してDNAで個体識別してる

 とのこと。

 

日本にも既にそういった技術があるのか、それとも日本の環境に合わないのか?

僕の知識不足な部分があるとは思いますが、単純に凄いと思いました。

 

「日本はマーブリングを気にしているだろ?」

 

と、日本の肉牛に対する気配りもありながら、自社の効率性への自信を垣間見ることができました。

f:id:pantarima:20180412164615j:plain

日本では見ることができない機械に興奮する研修生

次に案内されたのは、農場に繋がる大きな施設に案内されるとともに、馬鹿でかい機械(Chute)が僕らの前に現れました。

Chuteシュートとは、金属、プラスチック、ゴムでできた、液体・個体の輸送装置のこと)

 

この機械では

  • take a Vaccine (ワクチン)
  • breeding (種付け)
  • branding iron (焼印)
  • その他care 

を行うそうで、グレイクさんが他社のbreedingを請け負ったりしているそうです。

f:id:pantarima:20180412155734j:plain

機械の操作を体験する久米島

f:id:pantarima:20180412165302j:plain

農場主に脅かされる前の石垣島

f:id:pantarima:20180412161643j:plain

Auction(セリ市場)の顔も持つ珍しい牧場


 牧場にセリ市場があるなんて一番の衝撃でした。

 

f:id:pantarima:20180412155904j:plain

セリの動画

種牛のセリの様子を動画で見せて頂きました。

 

Bull 4000$〜5000$/head

(育成期間12ヶ月)

 

ぐらいの値段で取引されているそうです。

まだまだ値段(数字)をパッと判断できないので、研修生みんなで確認しながら現状を把握しました!

 銃と肉牛

f:id:pantarima:20180412155745j:plain

アメリカの歴史を物語る「Gan」

 アメリカと日本の違いの1つに挙げられる「銃」

談話室の壁に飾られていました

 

農場主のグレイクさんによると

銃はコヨーテのような子牛を襲う動物や

(トラック・機械諸々)を盗みに来る奴からうちの資産(property)を守るため

 と、真剣に僕らに伝えて頂きました。

 

引っ越して来たときは

3年間で200頭近くの動物(主にコヨーテに似)をショットしたらしい。

 

銃の話の中で

「日本の敵はどこだ?」もし敵がいた時に

他国が攻めてこないのは何故だと思う?

それは銃(盾)があるからだよ

 

と。

牧場経営の違いだけでなく、文化的背景も見ることが出来た非常に充実した視察になりました。

写真集

f:id:pantarima:20180412155756j:plain

焼印(branding iron)を持つteacher S

所有者を把握するために重要!!

こっちでは放牧(grazing)がメインなので、こんな感じ(下記写真)でハッキリ確認できます。

f:id:pantarima:20180412153514j:plain

色鮮やかな牛達

f:id:pantarima:20180412153510j:plain

branding iron

 

f:id:pantarima:20180412155651j:plain

イケてるトラックを後ろに研修生でパシャり

f:id:pantarima:20180412153435j:plain

石垣島君と鹿児島君

 

f:id:pantarima:20180415073355p:plain

Instagramに載っていました!




牛糞のまろやかな香りを嗅いだ Mr.プライスの格言

「Smell of Money」

 

Livestock 英単語

breed 血統

auction  競り

hay 乾草

acre エーカー(1acre=0.4ha)

breeding 種付け

branding iron 皮膚印付

head 頭

calves calf(子牛)の複数形

grazing 放牧

 

最後に

アメリカに来て早3週間が経とうとしています。

農場視察もこれから増えてくるのでまたアップします。

 

ではまた!