あの海外農業研修とは?面接を終えて

海外農業研修参加します!

 

海外 農業 研修

 

夏が終わりに近づき、秋が顔を覗かせてきた今日この頃。

今年度の海外農業者交流協会のプログラムの海外農業研修に参加します!

先日、面接が終わり、いよいよだな!って感じがすごいですが、、、

 

それにしても海外農業研修の情報なさすぎでしょ!

 

情報社会の我々ゆとり世代にとっては本当に恐怖!!!

 

なので、ここに記事に残すことを誓い、後輩となる農業に熱き者たちの道しるべとなる情報を発信していきます!

 応募の流れ

 

まず、海外農業研修に参加するのは避けては通れないことがあります!

それは、、、、「応募」です。

 

はい。

「応募は本当に大事です」

応募なしでは何も始まらないので、ここに全精力を出し切ってください。w

 

応募方法は大きく分けてというか2つしかありません。

一般応募

筆記(英語、農業、作文)、面接(英会話含む)

推薦応募

※推薦応募者は筆記試験免除

都道府県や大学などから推薦を得られた場合は、一般応募のテストが免除となります

(8000円で本試験を受けることができます。)

 

エントリー方法は海外農業研修HPに掲載してありますが、簡単に言うと

プレエントリー → メール・電話等で担当者と連絡 → 面接日確定 → 面接

 

以上の流れですね!

プレエントリーはその年の4月から8月の間なのでじっくり考える時間がありますね。

 

しかし、推薦を受ける予定の人!注意!!!!

推薦応募の方は、推薦を出していただける各機関(私の場合は大学)に予め提出しないといけない書類等があります!それぞれて提出期間が異なると思いますので学生ポータルなどで常にチェックするか、担当の部署に聞きに行くようにした方がいいですね。

 

または、同じ時期に海外農業研修に参加予定の同志と情報共有を行い、確認しましょう!

面接は何をするの?

 

アメリカ 農業 アグリ

面接は二日間(土・日)に分かれて行われます。(応募人数にもよると思います)

僕は日曜日だったので友達からある程度情報を得て臨みましたが、内容は人それぞれのようで異なっていました!w

英語で自己紹介

1分間くらい自己紹介をお願いしますと言われます。

あらかじめ準備しておく必要がありますね(少なくとも僕には必要でした)

・出身

・大学

・趣味

・趣味のエピソードなど

など、話すればいいでしょう。

(なぜこのプログラムを選んだかは後ほど聞かれるので特に話す必要はないですね)

英会話

先生が英語でいろいろ質問してきますw

今日はどうやってきたの?何時におきたの?趣味は?なんでこのプログラムに参加しようと思っての?等です。そんなにピリピリした雰囲気ではないので、ある程度落ち着いて受け答えをすればいいでしょうね!

日本語で会話

 具体的に日本語で志望動機、日本での活動、アルバイト経験は?農業経験はあるか?体力はあるか?面接官によっては「なぜその国なのか?」「本当にそこでいいのか?」など深掘りもあるそうです。ある程度、自分自身で考えをまとめおくことでどんな質問にも臆することなく対応できるでしょう。

 

面接は20分ほど。

最後に「質問はありますか?」という問いに

 

問い:「実習先の農家のリストを見て研修生が選ぶような形はとれないのか?」

 

答え:「厳しいです。そういった体制をとると農場に偏りが出てしまう可能性があるからです。研修生の希望を聞き最適な農場を提案するスタイルです。」

 

問い:「海外で健康診断受けるのより、交通費を含めても日本に帰ってきて受ける方が安いのでそうしていいですか?」と聞くと

 

答え:「一年半で体調がダメになる身体の人はまず渡米を許さないです」

 

とのことでしたw

 

確かに!ん〜確かに?まあいいや。納得いかないけど、そうなのかもしれない。

郷に入れば郷に従え

早速のトレーニングと思うしかないようですね。

一度日本に帰るというのも甘い考えだったのでしょうか!鍛え直さねばですね。

 

11月に2週間行われる事前合宿は相当ハードみたいで、体を鍛えてきてくださいと何度も言われました。。。。

 

最後に!

 

ビザのことや、その他諸々聞きたいことはありましたが、時間がなかったので情報入り次第発信します!!!!

 

質問等あれば、テキトーにコメントしてみたください。

返信の仕方がわかり次第返します!w

 

 

ではまた!

ジャカルタの一番良い換金所はどこ?インドネシア・ジャカルタ

ジャカルタ滞在記

ジャカルタの一番良い換金所はどこ?」

 

結論から言うとBlok Mプラザの2階にあります!

日本から着いて現地のスタッフさんにつれてってもらった場所

それがここです。

f:id:pantarima:20170218200433j:plain

 

エスカレーターを上ってすぐの場所にあります。

 

すいません

自分は為替についての知識がないので一概に良いとは言えませんが

日本語でそう書いてあります。

 

f:id:pantarima:20170218200734j:plain

*政府正式銀行許可店らしい

 

 

 

みんないくからきっといい

さっきから適当な事を言っていますが、現地の日本人にきいても100%そう答えるので確かでしょう。

 

ちなみに今のレートは1円=117ルピアです(2017、2月18日現在)

f:id:pantarima:20170218201337j:plain

 

 

ブロックMプラザは地下一階から五階まで様々な店が並んでいるのでとても便利ですよ

地下には500円でGUCIの時計が売ってありました。

謎が多いジャカルタ、、ハマりそうです。笑

 

ではまた!

渡航前日確認しておきたい事(AirAsia)エアアジア編

f:id:pantarima:20170215185544j:plain

写真は特に関係ありません

 

 

今回の渡航

羽田toマレーシア(フライト時間8時間)

乗り継ぎ3時間

マレーシアtoジャカルタ(フライト時間1時間)

 

手荷物手数料の確認

 

今回、羽田toジャカルタのフライトをエアアジアで航空券を購入してチェックインカウンターに行くと手荷物手数料を別途で取られるというミスをしてしまいました。

事前に(フライトの4時間前)予約しておかなかったので2倍の手数料がかかってしまった。。

 

事前予約の場合15キロ以内6000円

@今回行きの手数料12000円+帰り6000円。計18000円支出。

 

チェックインカウンターでの思わぬ出費は精神的に辛いです。

皆さん是非、、気をつけてください。

シートの取得

自分は席なんてどこでも良いスタイルですが、窓側が好きな方、トイレに近い方が良い方など、様々な理由がありますが席は事前に予約可能なので(多分)

確認するという意味でもチェックしておくべきですね。

 

機内食

えー国際緯線は全便機内食があるものだと思っていました。

しかし、これも事前予約が必要だったみたいで結局、機内で購入する形にしま

した。機内食飲み物とコンボで550円程度。

深夜便で機内食があるものだと思っていたので、お腹すきましたね、はい。

日本円(千円)で買う事が出来たのですが帰ってきたのは17リンギット(マレーシア通貨)でした。(1リンギット26円なので450円ぐらい)

 

映画はついているか

今回のフライトはなかったです。

エアアジアはついていないのかな??

8時間のフライト(羽田toマレーシア)で映画がなかったのはきつかったですね。

自前で動画をダウンロードしておくか、寝るか。

自分は過去の写真の整理したり動画見たり、寝たり。長かった。

深夜便は真っ暗なので眠りやすかったですよ。(読書灯はありました)

 

 

まとめ

  • 手荷物手数料の確認
  • 座席の確認
  • 機内食の確認
  • 映画はあるのかの確認

 

以上の4点でしょうかね。

事前にチェックしておくと有意義なフライトになるでしょう。

 

 

 

乗り継ぎ3時間で出来ることin クアラルンプール空港(マレーシア)

 

f:id:pantarima:20170215190701j:plain

 

 

 

なりBlo旅行記

 

今回の渡航

羽田toマレーシア(フライト時間8時間)

乗り継ぎ3時間

マレーシアtoジャカルタ(フライト時間1時間)

 

最初は何も出来ないと思った

席が後ろ側だったので遅めに飛行機から降りると、みんな不安そうにミニター案内を見ていたり、そこに座り込む人までいました。

 

「早朝だしなにもないのね、3時間待ちっぱなしかー」

 

半分あきらめでトイレに行って、戻ってきたらほとんどいなくなっていました。

よく見ると、奥の方に乗り換えカウンター的なやつがあってそこを抜けると多くの店が並んでいました。

落胆した分、嬉しかったw

 

 

神ってる17リンギット

羽田toマレーシア(フライト時間8時間)のフライトで機内食を購入した際にもらった(おつり)の17リンギットがあったので何か食べようかと

色んな店を廻りました。

スターバックス、おしゃれなカフェ、コンビニ的な店

そして僕がたどり着いたのはラーメン屋。

しかも、その価格17リンギットちょうど!!!

もし、機内食を買わなかったら何をしていただろう。水1つ買えずにいただろう。(カード持ってないので)

カードもリンギットももっていない人よりかは明らかにラッキーだったであろう。

 

f:id:pantarima:20170215185933j:plain

ちっちゃなパンが10リンギットでうられていた、ちゃなおしゃれなカフェ!

 

f:id:pantarima:20170215185955j:plain

コンビニ的なノリの店

洋服や、本もうっていた!

 

f:id:pantarima:20170215190031j:plain

f:id:pantarima:20170215190036j:plain

値段は参考までに。

f:id:pantarima:20170215190030j:plain

例の17リンギットラーメン

名前はペナンカリー。ピリ辛でした。

Anyway

こんな時の為にキャッシュパスポートカードがあるんだと理解した勉強になる乗り継ぎでした。

 

まとめ

  • 乗り継ぎの方はとりあえずtransferを探せ
  • 運を味方につけよう
  • キャッシュパスポートもっていたら楽
  • 充電できるよ(要!変圧器)

 


 

f:id:pantarima:20170215185923j:plain

 

国際線は何が起きるか分からないのでゲートを確認してから充電スペースへ行ったりしましょう!!

中国(北京首都国際空港)乗り換えの時間で観光できる?まとめ

たくさんの交通事故を目の当たりにしながら王府井に着きました。

中国では?北京は?か分かりませんが、電車を降り改札を出る度に荷物の検査があり

空港にあるような機械を通してチェックされました。

(バックパックだったのでメンドクサカッタ)

 f:id:pantarima:20170216015904j:image

空気があまりよろしくなく不気味な感じでしたが、少し行くと屋台がならぶ賑やかな場所に着きました。

羊肉と得体の知れない暖かいものを食べまいた。

 f:id:pantarima:20170216015922j:image

 

 

f:id:pantarima:20170216015928j:image 

次に向かったのが

あの天安門

天安門事件があった場所

 f:id:pantarima:20170216020004j:image

同い年の中国人はその事件の事をしらないひとがほとんどだとか、、

日本では教科書にも載っている事だが、これが情報なんとかか。

 

帰りには

Mさんにご飯をごちそうになるという感謝感謝の中国ツアー

本場のチャーハンがうまかった!!

 

 

 

 

まとめ

・観光できる!!中国語が出来るなら

Wi-Fiは日本orオーストラリアで借りよう

・13時間では万里の長城はいけない!(多分)

 

中国(北京首都国際空港)乗り換えの時間で観光できる?続編

どうもなりbloです。

前回の「中国(北京首都国際空港)乗り換えの時間で観光できる?」の続編

を話していきたいと思います。

 

到着してからが大変

えー、到着してまず入国書みたいな黄色いの書きますよねー

 

それの記入をしないまま列に並び自分の番になって無言の見つめ合い。

急いで書きました。。

(めんどいから忘れないで)

 

無事入国して空港内電車みたいなやつでメインフロアへ!!

f:id:pantarima:20170211102128j:plain

*写真とる余裕なかった、、。ので中国のファミマで

 

メインフロアにて案内板を見ながらモバイWi-Fiレンタルへ!!

ここで僕たちがレンタル会社に伝えなきゃいけない事を整理しよう

 

1、Wi-Fiを借りたい

2、オーストラリアでも使いたい

3、返却場所

(帰りは乗り継ぎ3時間なので中国で出国しないのでここには戻って来れない)

4、支払い方法

 

の四つ。

 

話をややこしくしたのが

つたない英語力が影響し、中国人スタッフに面倒くさがられてしまいあっちはお手上げムード。。いきなり洗礼を受ける男3人。

 

どうして?「オーストラリアでWi-Fiを借りれば良いじゃないか」

違うんです。いそいでオーストラリアビザを獲得しなければ入国できないのです!!

ん?空港内のWi-Fiを利用すればいいのでは??

 

使えないんです!!中国のアプリからの登録なのでどんなにやっても出来ませんでした。(今はどうか分かりませんが)

f:id:pantarima:20170211101811j:plain

 

現れた神様

Wi-Fiカウンターであたふたしてると返却にきた1人の男性(Mさん)が僕らの話の仲介をしてくれて「Wi-Fiのある店にいけばいい」で、「借りるのは無理だから自分時間あるから北京を案内しようか?」と提案して頂きました。

 

藁にもすがる想いで頷き

一緒に廻る事になりました!!!!感謝永遠に

Mさん曰く、「もし俺が悪い人間だったらお前らはこの世にいない」人の事は疑いから入れとのこと。

忠告に驚かされながらも簡単に信頼してついていきました!!

ps、Mさんはめちゃいい人です。

 

「僕たちは万里の長城にいく予定でした。」

 

と、自慢げに言うと

万里の長城まではバスそしてタクシー経由でしか行けないし、ぼったくられるし、中国は事故、渋滞多いから巻き込まれてオーストラリア行けなかったね」というと笑われましたね、はい。(汗)

 

お金の引き下ろし方も教えて頂き300元片手に中国の電車で王府井(おおふい)に向かいました。

 

中国の発展した電車に揺られながら30分ほどで着きましたが

電車から見えた路上でも実際に事故が起こっていて渋滞していました(汗)

 

f:id:pantarima:20170211102111j:plain

 

次回!中国観光!

 

 

 

中国(北京首都国際空港)乗り換えの時間で観光できる?

 

どうも、なりブロです。

2016年の12月にオーストラリアに行って参りました。

その際に体験した事を中心に書いていきますね。

f:id:pantarima:20170207061923j:plain

中二病がどうのこうの書かれたやつですw

 

中国(北京首都国際空港)乗り換えの時間で観光できる?

えーー答えから言いますと、、、出来ます!!

地下鉄が通っているので実際に廻る事が出来ました!!

乗り継ぎで北京首都国際空港に缶詰になるかどうかで不安な方

心配ないです

出れます!!!

 

僕らのケースがまれだと思いますが

参考にしてください。

 

f:id:pantarima:20170207061934j:plain

*電車はとても発展していて日本の電車よりも難しいかもしれませんね>

 

自分たちのケース

  • 男3人(20歳×3)
  • バックパック
  • 乗り換えまで13時間
  • 中国語のしゃべる事が出来る日本人に偶然会った。

 

そうです、4つ目の条件が僕たちの中国観光そしてオーストラリア旅行の明暗を分ける事になったのです。。

全然お大げさじゃないこの出会い。

少し長くなりますがおつきあいくださいませませ。

 

 

 

:11月25日早朝

集合は羽田空港国際線ターミナル

 

二人は定時に集まったが、、1人が来ない(自分です)

そう、大遅刻です。。さらに、

 

3人ともオーストラリアビザを取得していない事を

スタッフさんに気付かされ急いで取得に取りかかることに!!

 

A男はその場で取得。◎

B男は文字化けにより取得できず❌

C男は空港にまだ着かずして取得時間切れ❌

(搭乗時間には間に合いました。)

 

「中国でオーストラリアビザ取得をすること。また、取得されなかった際の責任は一切負いません」

 

という、とても不安な状態で出発。

*国際線は遅くても2時間前に集合を!!!

 

そしてそして

あたふたしているうちに肝心なグローバルWi-Fiを受け取る事をすっかり忘れ

ネット環境ゼロでいざ中国へ出発です。。

(グローバルWi-Fiの店員さんは搭乗間際まで届けにきていたそうですが、、タイムアウトでした)


 


 

 

 

 

「んじゃ、中国でグローバルWi-Fiをレンタルしよう。」

男3人飛行機に乗れた事にホッとしながら、約4時間のフライトを爆睡しました。

 

 

いよいよ中国に到着しました。

霧がかかったような空に迎えられ男3人初めての中国の地に足を踏み入れたのです。

危なかった出国でしたが、さらにヤバい経験をするとは思ってもいませんでした。

f:id:pantarima:20170207065928j:plain

 

次回へ続く。